融資の落とし穴

消費者金融の融資では、審査も比較的簡単に通るために収入が少ないパートタイマーの主婦やアルバイト学生でもお金を借りられるというのが魅力のひとつともいえます。お金がないときにどうしても出席しなければならない結婚式など、必要な出費が我が身に降ってきたときに、消費者金融という存在はとてもありがたいものです。
しかし、はじめは「少しだけ」と思っていても、気持ちが油断していると徐々に金銭感覚が麻痺してくる、これがお金の恐いところです。手元にお金があることでそれが自分のものだと錯覚してしまうと、借金で手に入れたお金であるのもかかわらず使い方を誤ってしまいます。徐々に感覚がおかしくなったところで、消費者金融は契約範囲以内であれば何回でもお金を貸してくれますので、芋づる式にどんどん融資を受ける回数が増え、次第に限度額を迎えてしまいます。

これ以上借りられないとなると、次の融資先を探して新たな借金を作る、借りたお金を返すために新しい借金をする、その繰り返しの末には「審査を通らない=どこもお金を貸してくれない」という現実が待っています。どこも融資をしてくれないとなると、待っているのは闇金融という決して踏み入れてはならない世界です。闇金融は法外な利息をつけて融資をしてくるので、お金は借りられますが返済は地獄となります。融資を受けるということは借金をすることであり、自分にとってはプラスではないということ、大きな荷物を背負うということを自覚している人でなければ、消費者金融の融資を賢く利用することは難しいかもしれません。