消費者金融を利用する

消費者金融と称する会社は今や驚くほどたくさん存在しています。私たちがCMや広告などでみかける大きなところから、あまり知られていない小さなところまで、貸付金額や条件などはまちまちですが、とにかく多くの消費者金融が私たちの生活の周りにあって、いつでもどこでも融資を受けられるような状況にあります。それは便利でいざとなったら力になってくれる存在といってもよいのですが、比較的簡単にお金を借りられる状況は恐ろしい実態であることも認識しておくべきことです。また、融資が簡単であれば簡単であるほど、落とし穴が近いということも念頭に置きながら、実際に消費者金融を利用するために必要なことを見てみましょう。

まずは融資を受けるということについてですが、融資には消費者金融だけでなく銀行が個人向けサービスを提供しているものがあります。銀行の融資では目的別(教育、住宅購入など)融資のほかに、目的を限定しないカードローンタイプの個人融資があり、どちらも消費者金融のサービスに比べて金利が低く設定されていること、それによって無理のない返済プランを立てることができること、銀行という社会信用の高いところでは、契約時の条件を途中で変更される不安定さが全くないことなど、安心して利用することができるメリットがたくさんあります。

しかし、契約の際に行われる審査が厳しく、誰もが簡単に融資を受けることができない、さらに審査には時間がかかるというようなデメリットもあります。しかしそのデメリットこそが「借りすぎない」「貸しすぎない」という信頼につながっているともいえるでしょう。一方消費者金融は、銀行の融資審査に比べて審査条件がゆるいことと、融資を依頼して最短30分後には審査が終わり、即融資を受けられるという手軽さとスピードが、緊急に資金が必要な人にとっては大きな力添えになります。申し込みは対面式ではなくインターネットで気軽に審査から契約が完了するので、誰かに知られることもなく融資を受けられるのもメリットです。

ただ金利は銀行に比べて高めであり、高額融資を受けるにはあまり向いていません。短期間の融資ならば無利息で利用できるといったサービスもありますので、あまり多く融資を受けないで本当に緊急の時だけ少し借りて、すぐに返すといった賢い利用にしぼった方がよいでしょう。

外部リンク⇒
キャッシング・消費者金融は新生銀行グループの【ノーローン】公式サイト
一週間の無利息期間を設けている消費者金融です。