融資の落とし穴

消費者金融の融資では、審査も比較的簡単に通るために収入が少ないパートタイマーの主婦やアルバイト学生でもお金を借りられるというのが魅力のひとつともいえます。お金がないときにどうしても出席しなければならない結婚式など、必要な出費が我が身に降ってきたときに、消費者金融という存在はとてもありがたいものです。
しかし、はじめは「少しだけ」と思っていても、気持ちが油断していると徐々に金銭感覚が麻痺してくる、これがお金の恐いところです。手元にお金があることでそれが自分のものだと錯覚してしまうと、借金で手に入れたお金であるのもかかわらず使い方を誤ってしまいます。徐々に感覚がおかしくなったところで、消費者金融は契約範囲以内であれば何回でもお金を貸してくれますので、芋づる式にどんどん融資を受ける回数が増え、次第に限度額を迎えてしまいます。

これ以上借りられないとなると、次の融資先を探して新たな借金を作る、借りたお金を返すために新しい借金をする、その繰り返しの末には「審査を通らない=どこもお金を貸してくれない」という現実が待っています。どこも融資をしてくれないとなると、待っているのは闇金融という決して踏み入れてはならない世界です。闇金融は法外な利息をつけて融資をしてくるので、お金は借りられますが返済は地獄となります。融資を受けるということは借金をすることであり、自分にとってはプラスではないということ、大きな荷物を背負うということを自覚している人でなければ、消費者金融の融資を賢く利用することは難しいかもしれません。

消費者金融の審査

融資を受ける際には、融資を依頼する先がどんなところであっても必ず審査を受けることになります。融資をする側も、貸してばかりできちんとお金が返ってこなければ貸し損に終ってしまうため、当然融資する人には返済能力があってお金を返してくれる人であるのか、しっかり見極める必要があるのです。融資を受ける側も審査されることで、「借金している」という意識を持たねばなりません。融資=借金であることを認識することが必要で、自分のお金が増えたと錯覚して金銭感覚が麻痺してはいけないのです。
実際の審査について、審査基準は銀行と消費者金融では条件はまったく異なり、先述のように銀行のほうが条件は厳しく、消費者金融は比較的ゆるやかなのが特徴です。審査には「仮審査」と「本審査」があります。仮審査では、提出された書類内容に不備や嘘の記述がないかを確認、過去の借用状況や返済履歴など信用情報に問題はないかなどを精査します。そこで問題がないと判断されれば本審査に進み、本審査では引き続き信用情報を洗い直し、勤務先への在籍確認、身分証明書と本人確認が終れば、審査通過となり融資の契約が結ばれることになります。今では審査申し込みがインターネットでいつでもどこでも行うことができ、とくに消費者金融の場合はスタッフと対面する必要もなく、審査から契約が30分程度で終る場合もあります。

消費者金融を利用する

消費者金融と称する会社は今や驚くほどたくさん存在しています。私たちがCMや広告などでみかける大きなところから、あまり知られていない小さなところまで、貸付金額や条件などはまちまちですが、とにかく多くの消費者金融が私たちの生活の周りにあって、いつでもどこでも融資を受けられるような状況にあります。それは便利でいざとなったら力になってくれる存在といってもよいのですが、比較的簡単にお金を借りられる状況は恐ろしい実態であることも認識しておくべきことです。また、融資が簡単であれば簡単であるほど、落とし穴が近いということも念頭に置きながら、実際に消費者金融を利用するために必要なことを見てみましょう。

まずは融資を受けるということについてですが、融資には消費者金融だけでなく銀行が個人向けサービスを提供しているものがあります。銀行の融資では目的別(教育、住宅購入など)融資のほかに、目的を限定しないカードローンタイプの個人融資があり、どちらも消費者金融のサービスに比べて金利が低く設定されていること、それによって無理のない返済プランを立てることができること、銀行という社会信用の高いところでは、契約時の条件を途中で変更される不安定さが全くないことなど、安心して利用することができるメリットがたくさんあります。

しかし、契約の際に行われる審査が厳しく、誰もが簡単に融資を受けることができない、さらに審査には時間がかかるというようなデメリットもあります。しかしそのデメリットこそが「借りすぎない」「貸しすぎない」という信頼につながっているともいえるでしょう。一方消費者金融は、銀行の融資審査に比べて審査条件がゆるいことと、融資を依頼して最短30分後には審査が終わり、即融資を受けられるという手軽さとスピードが、緊急に資金が必要な人にとっては大きな力添えになります。申し込みは対面式ではなくインターネットで気軽に審査から契約が完了するので、誰かに知られることもなく融資を受けられるのもメリットです。

ただ金利は銀行に比べて高めであり、高額融資を受けるにはあまり向いていません。短期間の融資ならば無利息で利用できるといったサービスもありますので、あまり多く融資を受けないで本当に緊急の時だけ少し借りて、すぐに返すといった賢い利用にしぼった方がよいでしょう。

外部リンク⇒
キャッシング・消費者金融は新生銀行グループの【ノーローン】公式サイト
一週間の無利息期間を設けている消費者金融です。

 

消費者金融とは

社会人になると仕事上の付き合いも増え、自分が好きなことにばかりお金を使っているわけにはいかなくなります。生活を維持したりあるいは向上させるためにも諸々お金は必要になりますし、結婚すれば更に資金のやりくりは大変になるでしょう。家はどうするのか、車が欲しい、子供が生まれたら養育費も更に上乗せされ、働けど働けど出費は必ず待っている状態です。
現在の日本は正規雇用としての採用も減少傾向にあり、多くの企業の現場は契約社員や派遣社員などの非正規雇用者によって支えられているのが実情といっても過言ではありません。彼らは収入はあってもその雇用は安定したものではなく、いつ契約を切られるかもわからぬ状況と常に隣り合わせです。また、企業に就職しても安定しない、将来に明るさがみられないと思う人は、一念発起して本当に自分がやりたいことにチャレンジしようと、起業を試みる人も最近は少なくありません。
しかし起業するにももちろんお金が必要になります。何をどううまくやろうにも、「世の中お金」というのは、逃れられない事実といえるのではないでしょうか。

 
経済状況が安定しない今の日本では、多くの人がこの「世の中お金」であることを痛感し、その現実に追われています。収入範囲内ですべてがまとまればよいのですが、度重なる予定外の出費、住宅や車など収入以上の高額な買い物をするときなど、どうしても収入範囲を超える資金が必要になるときはやってきます。そのときに、手を貸してくれる存在としてクローズアップされるのが消費者金融の存在です。
消費者金融とは、個人向けに貸し付けをする小口融資をサービスとして行っている企業のことをさします。それらは銀行の融資と違って無担保で少額から貸し付けを行ってくれるので、言ってみれば誰でも気軽に利用できる融資サービスです。しかし、その気軽さゆえに落とし穴も潜んでいることを理解した上で、賢く利用しなければならないものでもあります。